【シンスプリントに悩んだ】高校サッカー選手の経験談

ライフ・カイロプラクティックラボの森下です。

いつも多くの患者様のご来院ありがとうございます。

また関西全域からご来院ありがとうございます。

当院は、小学生のクラブチームや高校生・大学生など色んな年代のサッカー選手が、

当院に来院しております。

本日のブログは、シンスプリントにお悩みだった方の経験談を書かせて頂きます。

ブログのタイトルは「シンスプリントに悩んだ高校時代」です。

 

最初はふくらはぎの違和感・・・


高校1年の頃、ふくらはぎの骨付近に、なにか軽い痛みを軽く覚えていたのですが、
その時は時間とともに痛みもなくなったので何事もなく普通にプレーできていました。

でも練習の量が増えると共に、ふくらはぎの疲労感が抜けず、少しずつ痛みも増えてきたので、近くの整形外科にて診察を仰いだところ「シンスプリント」であると発覚しました。

その時はシンスプリントという症状名も良くわからず、治療に専念したほうがいいのか?今まで通りプレーできるのか?
などいろいろな不安が募ってきたのと同時に、怪我と向き合っていく高校サッカー人生が始まりました。

ゴールキーパーのポジションのために練習が休めない

自分のポジションはゴールキーパーであり、チーム事情を考えるとほとんど練習を休むことなどは出来ませんでした。
プレー中はストレッチに加えて、ふくらはぎ部分を温めてから激しいトレーニングにうつるようにしました。
それと脚は特に冷やさないようにピステなどを着用しプレーをしていました。

脚は休ませるのと同時に、負担になっていたふくらはぎの筋肉の部分を鍛えることも同時に始めました。
私が行っていた練習は壁と平行に立ち、両足のかかとを上げ下げする筋力トレーニングをアップ後から練習開始までの隙間時間だったりクールダウン前に取り入れました。
練習後はお風呂に長い時間はいる、のぼせてしまいそうなとき、夏場など気温が高い日などは半身浴なども積極的に行うようにしました。
湿布などもいろいろ試しましたが、脚をあたためることが1番の痛みの軽減の効果が自分はありました。

合宿や寮生活はセルフケアが困難かも・・・

合宿などは個人行動できず、あまりセルフケアすることが出来ず、痛みが慢性的できつかった記憶があります。そのために寮生活の選手は、セルフケアをする方法や時間を見付けることも大切だと思います。

騙し騙しプレーを続けて大きな離脱はなく高校サッカーを終えることは出来ましたが、高校サッカー時代は根本的解決、根本的治療は完了することが出来ませんでした。
しかし、極力足を温める行為にて、どうにかいいプレーができるようコンディショニングをしています。

それでも、なかなか痛みが完全に引くことは難しく、試合当日などはロキソニンプレミアムを病院で許可を貰い摂取してプレーしていた時もありました。
(お薬はあまりお勧めはできませんが・・・)

1度怪我をしてしまうと多くの場合は、今後も一生付き合う怪我、もしくは一生気になってしまう怪我になってしまいます。
怪我をしないことが1番大事にはなりますが、してしまった後のアフターケアが1番大事です。頑張ってください。

トレーナーからカイロプラクティックを紹介

大学時代になると、いろんな情報が私にも来るようになりました。

大学時代はフットサルをするようになりましたが、練習が週5回あり、疲労がどうしても蓄積していく中で、シンスプリントの痛みは次第に厳しくなっていきました。
そこで、知り合いのトレーナーからカイロプラクティックを受けてみたらと誘われました。
いざ、カイロプラクティックを行って分かったことは、体の重心のゆがみが脚に余計な負担をかけてしまっていることが分かりました。
まずは上半身から体の軸を矯正することで、トレーニングにて左右均等に負荷をかけられるようにしました。
そうすると、普段のトレーニングでの負荷は同じでも、シンスプリントの痛みは大きく減りました。

そして何よりもシンスプリントの痛みそのものを軽減して頂けるのが、すごい感動をしました。

ぜひ、シンスプリントや足の怪我でお悩みの方は、カイロプラクティックをお勧めします。

私の主なサッカーの経歴です。

仙台第三高校 サッカー部にて2011年から2013年まで高校サッカーをプレーしておりました。
首都大学東京フットサル部にて2015年からプレー。
他 クラブチームにて現在はプレー。

 

疲労を取り除くことで怪我は軽減できる

上記の写真はアジアで活躍するプロサッカー選手に頂いたユニフォームです。

当院は、サッカーのオフシーズンには、海外のプロサッカー選手がお体のメンテナンスのために来院されるほどの実績があります。

プロサッカー選手の多くは知っています。

シンスプリントやグロインペイン症候群などの症状は、怪我ではなく疲労が重なり症状として出ているだけで、防げることのできる怪我だということを・・・。

そのために怪我をしていなくても体の疲労を抜くためにオフシーズンは、毎日のように当院に来院される選手もいます。

電車で1時間掛かっても当院に来院される選手もいます。

ぜひ、今回のブログのように「シンスプリント」や「グロインペイン症候群」でお悩みの方は、ぜひ当院のカイロプラクティックを受けてくださいね。

もちろん、捻挫などの施術も行っております。

当院のホームページは下記になります。

http://sports.life-chiro.net/soccer.html

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です