サッカー選手のグロインペイン症候群|東大阪堺市茨木市からも来院

ライフ・カイロプラクティックラボの森下です。

いつも多くの患者様のご来院ありがとうございます。

また、毎週のように多くの患者様のご紹介ありがとうございます。

今週も嬉しいご報告を受けることが出来ました!

(「8か月ぐらいなやんでいたグロインペインが2回でなおりました」と患者様の声を頂きました。)

お写真の患者様は、車で何時間も掛けて遠方から来院された患者様です。

地元では、整形外科に通われてリハビリを受けたり、整骨院では電気とマッサージを受けたり・・・。

またスポーツ障害の看板を掲げている鍼灸整骨院に行っても改善せず・・・

地元のカイロプラクティック院を受けても症状は変化せず・・・でした。

そのようなグロインペイン症候群でも、当院は諦めずに心を込めて施術をします。

そして、機械や電気などを使わず全て【手で施術】をします。

グロインペイン症候群は非常に厄介です。ひとつひとつの筋肉や筋膜などを感じて施術をする必要があり、とても繊細な施術が必要です。

そのために機械や電気に頼っていると症状は緩和しません。

マッサージの圧力も強すぎます!

そのことを知っている当院だからこそ多くの実績を出しています!

グロインペイン症候群でお困りの方は、ぜひ当院にご相談下さい。

★おすすめ関連記事はこちら★

スポーツ選手も多く来院

ライフ・カイロプラクティックラボの森下です。

いつも多くの患者様のご来院ありがとうございます。

当院は、スポーツ障害では、日本全国から患者様が来院しており多くの実績を出しております。

このように多くの海外のプロサッカー選手が来院しております。

2月になり、多くのサッカー選手が試合の疲労のためにグロインペイン症候群で悩み、来院されております。

ときには、学校を休み遠方の滋賀県や東海地方から・・・。

また、トレセンの前に膝を痛めてしまい学校を休んで来院される患者様もいます。

また、当院のスタッフの大道もスポーツ障害を得意としており、グロインペイン症候群で1年半も悩んでいた患者様が、短期間で練習に復帰するほどの施術のノウハウを持っております。

当院は、スポーツ障害ではどこの施術院に負けないように日々、勉強をしております。

股関節の痛みや膝の痛みで悩んでいるスポーツ選手は、ぜひ当院にご相談下さい。

★おすすめ関連記事はこちら★

スポーツ障害はカイロプラクティックが一番

ライフ・カイロプラクティックラボの森下です。

いつも多くの患者様のご来院ありがとうございます。

当院は、関西では珍しいプロサッカー選手やプロゴルファーが来院される施術院として、多くのアスリートが来院しております。

このようにプロサッカー選手やプロフットサル選手からもユニフォームを頂いております。

昨日は、グロインペイン症候群でお悩みの高校サッカー選手とゴルフをこよなく愛する患者様が膝を傷めたので来院されました。

特にグロインペイン症候群の患者様すでに、4カ月間も痛みが続き症状が緩和せず・・・。ずっと整骨院や鍼灸院に通い色んな所に通っていたそうです。

でも・・・痛みが取れず、練習も試合もずっと休んだまま・・・。

グロインペイン症候群のサッカー選手は、いくら練習を休んでも症状は軽減されないことが非常の多くあります。

その理由を知っている当院だからこそ、グロインペイン症候群の患者様が関西全域から来院しております。

グロインペイン症候群やオスグット、シンスプリントなどでお悩みの方は、ぜひ当院にご相談下さい。

★おすすめ関連記事はこちら★

天才と思いきや努力の天才

ライフ・カイロプラクティックラボの森下です。

いつも多くの患者様のご来院ありがとうございます。

本日は、四国から患者様も来院して頂き本当にありがとうございます。

当院は、日本全国からスポーツ障害でお困りの患者様が来院して頂ける実績があります。

また海外で活躍するプロサッカー選手やオリンピックを目指されるアスリートも来院しております。

上記の写真は、海外で活躍するプロサッカー選手に頂いたユニフォームです。

フットサルチームのミキハウスのジャージも頂きました!!

今日もプロサッカー選手の名言を見ていました。

 

ユナイテッドに移籍してから、
僕は盗めるものは何でも盗んでやろうと一生懸命練習した
そういう小さな積み重ねを成長って呼ぶんだ。

 

この名言は『クリスティアーノ・ロナウド選手』の名言です。

あの有名なクリスティアーノ・ロナウド選手でさえ、「何でも盗んでやろうと一生懸命に練習した」という言葉を・・・。

天才プレイヤーにも関わらず、努力をする天才でもある・・・。

そのことをかなり学ばせて頂きました。

私自身も少しでもスポーツ障害でお困りの患者様が、早く練習に復帰ができるように一生懸命に施術をさせて頂きます!!

★おすすめ関連記事はこちら★

可能性はゼロだから何?

ライフ・カイロプラクティックラボの森下です。

いつも多くの患者様のご紹介ありがとうございます。

当院は、関西全域からスポーツ選手が来院しております。

また、オフシーズンには海外のプロサッカー選手のトレーナーもさせていただいております。

このように、サッカー選手とプロフットサル選手からユニフォームを頂ける信頼を頂いております。

今日は、プロサッカー選手のジダン選手の名言を見付けました。

成功の可能性は0%だと言われて、諦めることができるような、
そんな軽い気持ちで夢を追いかけたわけじゃない

すごい、言葉で・・・心に響きました。

可能性0%と否定されると・・・落ち込む、諦める・・・そんなことが多い中、ジダン選手はすごいですね。

当院に来院している学生サッカー選手も、「必ずプロになる!」と言い続ている選手もいます!

そして海外にも挑戦されることにもなりました!

アスリートのモチベーションの強さはスゴイです。だからこそプロになれる!

そして何よりも周りの人の感謝もスゴイです。

当院も多くのアスリートの施術をしており色んな方の名言を聞いています。

そして、私自身の励みになります!

そのことを忘れず、一生懸命にスポーツ選手の怪我の緩和に努めます!!

★おすすめ関連記事はこちら★

仲間のために

ライフ・カイロプラクティックラボの森下です。

いつも多くの患者様のご予約ありがとうございます。

昨日も多くの患者様のご予約を頂き本当に感謝です!

昨日、経営者の方に経営に関するとても素晴らしいお言葉をたくさん頂きました。

そう思うと、スポーツ選手の名言はどのようなものがあるのか・・・調べてみました。

その代表的なものとして【ペレの名言】があります。

 

成功は偶然の出来事ではない

勤勉、忍耐、練習、研究、謙虚、そして何よりも愛情が必要である

という名言を残しております。

当院に来院されていた、高校生のサッカー選手も同じようなことを言っておりました。

「仲間がいるから早くケガを治したい、待ってくれている仲間のためにケガをしている時間がありません」と言っておりました。

まさしく仲間のための愛情いっぱいの言葉だと思います。

その高校生の選手は、今は大学を卒業されてサッカーのためにドイツに行くことになりました。

日頃から使う言葉はアスリートにとってとても大切な学びだと思いました。

 

 

★おすすめ関連記事はこちら★

【痛めた膝を短時間で回復!早期に練習に復帰】サッカー選手の怪我の体験談

ライフ・カイロプラクティックラボの森下です。

いつも多くの患者様のご紹介ありがとうございます。

また、遠いところから練習を休んで来院して頂いたり、

口コミで来院して頂き本当にありがとうございます。

当院は、サッカー選手が非常に多く来院しており多くの情報が集まっております。

ブログでも少しでもサッカー選手の怪我に対するケア方法として、怪我で悩んだ選手の経験談を掲載させて頂いております。

本日のブログは【痛めた膝を短時間で回復!早期に練習に復帰】のコラムを頂きましたので、掲載させて頂きます。

北海道のサッカー選手は雪道を走る

私は北海道でサッカーをしているのですが、中学生の冬はよく雪道を毎日10キロ程走らされる日が週5回程ありました。
そんな日が続いたある日、何気なく同じようにランニングをしていたところ、急に右膝に強い痛みを感じ、そのまま走る事はおろか、歩くことすらできなくなってしまいました。
急遽、部活の先生の車に乗せられ整形外科に向かうことに。
骨には異常はなかったものの診断名として「腸脛靭帯炎」と言う症状が言い渡されました。
太ももの側面に腸脛靭帯炎と言う靭帯があるのですが、毎日ハードワークに走っていたと言うことと、雪道で不安定な場所でのランニングを練習主体に行っており、走ることに対してケアが、追いついていなかったことが原因でした。
冬季期間中と言うことで、幸いにも大きな大会はありませんでしたが、フットサルの地域リーグがありましたので少しでも早く治したいと思いました。
整形外科の先生の話だと2週間ほど安静にしてから練習を復帰しても良いと言う事でした。
そして整形外科ではこれといった治療をしてもらえず、湿布と痛み止めで様子を見てくださいと言うことでした。
「整形外科はスポーツ選手に休めの指導しかいいません・・・。」

カイロプラクティックで早期復帰を目指す

どうしても少しでも早く治したいと言うことと、サッカーが好きで常にサッカーをしていたいと言うこともありましたので、少しでも早い練習参加を求めて、自分の膝を治してくれる治療院を探し、そこで治療してもらうことになりました。そこで見つけたのがカイロプラクティックを専門に行う治療院でした。
先ほども申し上げました通り、自分の身体はそこまで硬くないとは思っていたのですが、自分が思っていた以上に身体も硬く、怪我がしやすい状態であったと言うことと、自分自身のセルフケアが追いついていなかったと言うことで身体に合ったストレッチの方法と、筋膜リリース、徒手療法を行ってもらうことになりました。
そして何よりものインナーマッスルが大きく悲鳴を上げているとは気づきませんでした。
初めての治療院で治療と言うことでとても不安がありましたが、治療をしてくれる先生がとても優しいと言うことと、治療が終わった自分の膝の状態はとても良いと実感することができたので、より自分のケアに専念したいと思えるようになりました。

自分でもストレッチをしてケア

幸もともと大きな怪我ではなかったと言うこともあるのか、1週間ほどで再び走れるようになり、自分のセルフケアを覚えておくことができたことで、痛みが増すこともありませんでした。
この時を振り返ってみると、積極的に自分の身体のケアを行う大切さや自分の身体の状態を日頃からストレッチや基礎練習で知ってことが身に染みて分かりました。
またはカイロプラクティックの先生に診てもらうことがなければ、1週間と言う早い期間で膝を治すことができなかったのではないかと思います。
怪我の大小を問わず、自分のコンディショニングやパフォーマンスアップを行いたい方、怪我をしない身体を目指していきたいサッカー選手は、カイロプラクティックに積極的に行くことをおすすめします。
また今回はカイロプラクティックの先生にお世話になり、本当にカイロプラクティックの良さを実感することができました。
どのような治療をしたら良いか分からないと言う方は、カイロプラクティックを視野に入れていただければ良いと思います。

痛みの緩和にもメンテナンスもカイロプラクティック

当院は、関西全域からサッカー選手をはじめ、あらゆるジャンルのスポーツ選手が来院されております。
また、プロサッカー選手やプロフットサル選手などからもユニフォームを頂くほどのトレーナーとしても実績もあります。
今回の体験談の患者様の「腸脛靭帯炎」と症状は非常に珍しい症状です。
よくサッカー選手では、「ドンコ」で腸脛靭帯炎の症状になる選手がいます。
ドンコとは太ももに相手選手の膝が入り、大きく腫れ上がる症状です。
酷い場合は歩行も困難で当院に来院される患者様もいます。
当院は、多くのサッカー選手が来院されているために、非常に多くの臨床経験があります、
ぜひ、サッカーでの怪我やスポーツでの怪我でお困りの方は、当院にお越しください。
当院のサッカー障害のホームページは下記になります。
★おすすめ関連記事はこちら★

選手に耳を傾ける

ライフ・カイロプラクティックラボの森下です。

いつも多くの患者様のご来院ありがとうございます。

本日も全ての予約が埋まりました!

本当にいつも多くの患者様のご来院ありがとうございます。

スポーツ障害で一番大切なことは、選手の痛みや症状に耳を傾けること!

施術時間もありますが、選手がどの動きで痛いのか?どの動作が制限が掛かるのか?などを、徹底的に向き合うことによって、当院は多くの臨床経験を積むことが出来ました。

その結果、今では日本全国から患者様が来院される実績になりました!

また、オフシーズンには海外のプロサッカー選手も来院しております。

このように選手からユニフォームを頂くということは、スポーツ選手から信頼されている証拠です。

初心を忘れずに心を込めて施術をさせて頂きます!

★おすすめ関連記事はこちら★

足の神様

image0_2.jpeg

ライフ・カイロプラクティックラボの森下です。

本日は水曜日の定休日という事で、朝からカイロプラクティックの見学をさせて頂きに、大阪までお出掛けをしておりました!

そのついでに、遂にオーダースーツが出来た為に心斎橋に取りに行っておりました。

その帰りに難波神社に寄って、感謝の集まる神社に寄れた事に感謝をしながらお詣りをしておりました!写真は難波神社です。

当院は、日本全国からスポーツ障害でお悩みの患者様が来院されます。

その時、多くの患者様は「足の神様」として有名な服部神社に行かれる方が多くいます。

有難い事に、「服部神社に行ったので、当院に出会えた」という嬉しい言葉も頂きました!

スポーツ障害や怪我でお悩みの方は、ぜひ当院にご来院下さいね。

★おすすめ関連記事はこちら★

遠くからもご来院して頂いております。

ライフ・カイロプラクティックラボの森下です。

いつも多くの患者様のご来院ありがとうございます。

昨日も多くの患者様がご来院して頂きました。

主にグロインペイン症候群の患者様が多く、昨日は遠くは滋賀県など遠方の地域からも患者様が来院して頂きました。

本当に感謝ですね。

患者様と高校サッカー選手権大会の話になり、患者様が所属しているサッカークラブから、今年優勝した静岡学園に3人もの選手がレギュラーで活躍されていたそうです。

実は、当院にも今年優勝した静岡学園の選手が、来院しておりました・・・。

個人情報なのでお名前は出せませんが、今年の優勝は本当にうれしいです!

さて、昨日来院されたグロインペイン症候群の患者様は9カ月間も痛みが引かずに悩み、練習もだましだまし、休んでは練習しての繰り返しで満足するプレーが出来なったそうです。

でも、昨日当院に来院されて、現状の痛みはなくなりました。

まだ、動きながらのインサイドキックのテストが出来ていないために、3日後から練習を開始しますので、その時の様子が楽しみです。

グロインペイン症候群は、患者様の症状に応じて対応が全く変わってきます。

よくストレッチなど指導をする整体院や整骨院が多いみたいですが、ストレッチなどでは症状は改善されません!

それを知っている当院だからこそ、日本全国からサッカー選手が来院される実績まで患者様が増えています。

写真は、プロサッカー選手に頂いたユニフォームです。

アジアやヨーロッパに所属するプロサッカー選手も来院しております。

★おすすめ関連記事はこちら★