肩の違和感が練習を休んでも治らない 伊丹市宝塚市池田市川西市

毎日のように野球選手が肩の違和感や肘のハリで来院されています。

当院は、大阪をはじめ関西全域から野球選手が来院されます。

 

 

昨日も野球肩で悩んで来院された患者様がいました。

1ヶ月前から肩に違和感があり、整形外科で「練習を休まないと治らない」と言われたそうです。

1ヶ月も遠投を控えているのに違和感が改善しないという事で当院に来院されました。

肩は非常に複雑な動きをします。

肩を回したり捻ったり色んな動きをする為に痛めやすく症状の緩和も困難になります。

残念ながらレントゲンだけでは肩の痛みの原因は突き止めることは非常に困難です。

施術のたびに可動域をチェックしたり、触診したりあらゆる視点で肩を検査する必要があります。

 

当院はスポーツ障害で関西全域から患者様が来院されて多くの選手の高い評価、ご紹介を受けています。

 

野球肘、野球肩、イップスでお困りの方は、ぜひ当院にご相談下さいね。

★おすすめ関連記事はこちら★

投球の際に腕が引っかかる 野球専門整体

ライフカイロプラクティックラボの森下です。

今日も多くのスポーツ障害の患者様が来院されました。

いつもありがとうございます!

スポーツ障害では、野球選手をはじめサッカー、クラシックバレエなど色んな選手が来院されます。

大阪市から来院された、投球の際に腕が引っかかる野球選手でした。

投球の際に腕が引っかかる場合は、当院では必ずシャドーピッチングをして頂いて投球フォームの分析をします。
どの動作で動きに制限があるのか?
軸足か?
肩か?
肘か?

徹底的に選手と向き合い解決に取り組みます。

今回の患者の症状は、足の裏にある筋肉、
『足底筋膜』に若干の違和感があり施術をさせて頂くと投球フォームも安定して、肩の引っ掛かりはなくなりました。

当院のカイロプラクティックは、日本全国から患者様が来院されます。

野球障害やサッカー障害などのあらゆるスポーツ障害でお困りの方は、ぜひ当院にお越し下さいね。

★おすすめ関連記事はこちら★

リトルリーグの選手が来院するスポーツ障害専門院

ライフカイロプラクティックラボの森下です。

いつも多くのスポーツ選手のご来院ありがとうございます(^^)

高校野球も決勝戦ですね。
今年は残念ながら当院に来院されている患者様は夏の甲子園に出れなかったみたいです。

今年もたくさんのリトルリーグやヤングリーグの野球選手が来院しております。
数年後に甲子園に出場されるのが楽しみです。

本日は、水曜日でお休みを頂いているので、
就労支援事業所に企業訪問させて頂き、お勉強をしてきます。

★おすすめ関連記事はこちら★