【股関節を怪我した時に大切にした練習】サッカー選手の怪我の経験談

ライフ・カイロプラクティックラボの森下です。

いつも多くの患者様のご紹介ありがとうございます。

また、遠いところから練習を休んで来院して頂いたり、

口コミで来院して頂き本当にありがとうございます。

当院は、サッカー選手が非常に多く来院しており多くの情報が集まっております。

ブログでも少しでもサッカー選手の怪我に対するケア方法として、怪我で悩んだ選手の経験談を掲載させて頂いております。

本日のブログは【股関節を怪我した時に大切にした練習】のコラムを頂きましたので、掲載させて頂きます。

サッカーは幼稚園から習い始めました

私は幼稚園の頃からサッカースクールに通い小中高とずっとサッカーをやっていました

中高一貫校のサッカー部に入り初めて怪我をした時の話です

高校1年の春頃から右足の股関節恥骨付近に痛み』感じ始め無理をして練習を続けていくうちに痛みは強くなっていきチームメイトとの普通の練習に参加できないほどになってしまいました

その時まで大きな怪我を経験したこともなかったためボールを使った練習をできずチームメイトが楽しそうにボールを蹴る姿を見て悔しい日々を過ごしていました

初めはその状況に耐えられず特に何もトレーニングもせず部活を休み続けている日々が続いていました

コーチから怪我の向き合い方のアドバイス

そしてある転機を迎えましたある日、部活を見学していると当時チームのサポートトレーナーを務めていたコーチからボールを蹴れない辛さはわかるけどいつか回復した時に万全の状態にしておかないと、この時間が勿体無いサッカーを好きでいるためにもトレーニングしよう言われ逃げていた自分に気づかされました

そしてそこからトレーナーとのトレーニングをこなし加えてトレーナーに紹介してもらったカイロプラクティック院に通う内に整骨院では消えなかった痛みが消えスタメンに復帰するまでに回復できるようになりました

この怪我をしてボールを蹴れない期間に大切にした習慣練習をいくつか紹介したいと思います

サッカーボールが蹴れなくてもたくさんトレーニングがある

まず基礎体力を落とさないことです

サッカーにおいて試合を通して走れることは非常に重要なポイントになってきています

トレーナーの言葉にもあったようにボールを蹴れるようになった時に体力が落ちてしまっていては練習をする体力もありませんすると完全な状態に戻るまでに長い時間がかかってしまいます

そうはいってもボールを蹴れない期間にただ素走りをするのは正直退屈で面白いものではありませんでした

なんとか工夫できないかと思い当時の僕は携帯電話を使って試合を想定しながらスピードにアップダウンをつけて走っていました携帯電話スマートフォンでどれくらい走ったかの記録を残しながら前半ハーフタイム後半と本番通りに時間を分け走っていました

こうすることで怪我する以前より走れるようになりさらに重要になったのが自分の体力の限界を感覚的にもデータ的にも把握することができました

サッカーはどれくらい走るかよりもいつ走るか重要になっています復帰後自分の体力の感覚を把握したことで試合を通して上手く体力の配分を考えられるようにもなりました

毎日サッカーボールを触り感覚を磨く

もうひとつはとにかくボールに触り続けることです怪我した直後から1週間ほどボールに触れないだけで感覚が大きく衰えていました

蹴れなくてもいいのでボールを簡単にでも毎日触れることがとても大事です

しかしただ触っているだけでも飽きてしまうので体力づくりの走りとは別にゆっくりでもいいのでドリブルをしながら軽くジョギングをするようにしていました

そこでなるべくボールを見ないでドリブルすることを心がけ結果的に普段ではしないような貴重な練習になりました

ボールを見ないで頭を上げて扱えるようになると僕のポジションがボランチだったこともあり復帰後試合中に見える情報量が格段に増えました

このような技術的な話ももちろん大切ですがやはりトレーナーの方と二人三脚で腐らずに練習をすることが心がけとしてもっとも重要だと思います今怪我をしてしまって落ち込んでいる人ももうだめだと諦めずに腐らずに頑張ってください

そしてカイロプラクティックで痛みを取り除くこともお勧めします!!

股関節の痛み・鼠径部の痛みはカイロプラクティック

(ヨーロッパ・アジアで活躍するプロサッカー選手の小川選手です)

当院は、毎年サッカーのオフシーズンになると海外のプロサッカー選手がメンテナンスに来院されます。

日本語の通じない海外ではみなさんお身体のケアには苦戦をしているみたいですね。

当院に来院される患者様は、非常に股関節周りの痛みに悩み苦しんで来院される患者様が多くいます。

サッカー選手がよく使う用語して、「グロインペイン症候群」という症状です。

あまりの痛みに歩行さえ辛い場合やズボンを履くもの困難な選手も当院に来院されます。

股関節周りや鼠径部の痛みは、練習を休んでも症状が緩和されない場合が多く、サッカー選手の悩みの種です。

当院は、そのようなサッカー選手が多く来院されます。

ぜひ、股関節周りの痛みでお悩みの方は、当院にお越しくださいね。

 

当院のホームページは下記になります。

http://sports.life-chiro.net/soccer.html

 

【シンスプリントに悩んだ】高校サッカー選手の経験談

ライフ・カイロプラクティックラボの森下です。

いつも多くの患者様のご来院ありがとうございます。

また関西全域からご来院ありがとうございます。

当院は、小学生のクラブチームや高校生・大学生など色んな年代のサッカー選手が、

当院に来院しております。

本日のブログは、シンスプリントにお悩みだった方の経験談を書かせて頂きます。

ブログのタイトルは「シンスプリントに悩んだ高校時代」です。

 

最初はふくらはぎの違和感・・・


高校1年の頃、ふくらはぎの骨付近に、なにか軽い痛みを軽く覚えていたのですが、
その時は時間とともに痛みもなくなったので何事もなく普通にプレーできていました。

でも練習の量が増えると共に、ふくらはぎの疲労感が抜けず、少しずつ痛みも増えてきたので、近くの整形外科にて診察を仰いだところ「シンスプリント」であると発覚しました。

その時はシンスプリントという症状名も良くわからず、治療に専念したほうがいいのか?今まで通りプレーできるのか?
などいろいろな不安が募ってきたのと同時に、怪我と向き合っていく高校サッカー人生が始まりました。

ゴールキーパーのポジションのために練習が休めない

自分のポジションはゴールキーパーであり、チーム事情を考えるとほとんど練習を休むことなどは出来ませんでした。
プレー中はストレッチに加えて、ふくらはぎ部分を温めてから激しいトレーニングにうつるようにしました。
それと脚は特に冷やさないようにピステなどを着用しプレーをしていました。

脚は休ませるのと同時に、負担になっていたふくらはぎの筋肉の部分を鍛えることも同時に始めました。
私が行っていた練習は壁と平行に立ち、両足のかかとを上げ下げする筋力トレーニングをアップ後から練習開始までの隙間時間だったりクールダウン前に取り入れました。
練習後はお風呂に長い時間はいる、のぼせてしまいそうなとき、夏場など気温が高い日などは半身浴なども積極的に行うようにしました。
湿布などもいろいろ試しましたが、脚をあたためることが1番の痛みの軽減の効果が自分はありました。

合宿や寮生活はセルフケアが困難かも・・・

合宿などは個人行動できず、あまりセルフケアすることが出来ず、痛みが慢性的できつかった記憶があります。そのために寮生活の選手は、セルフケアをする方法や時間を見付けることも大切だと思います。

騙し騙しプレーを続けて大きな離脱はなく高校サッカーを終えることは出来ましたが、高校サッカー時代は根本的解決、根本的治療は完了することが出来ませんでした。
しかし、極力足を温める行為にて、どうにかいいプレーができるようコンディショニングをしています。

それでも、なかなか痛みが完全に引くことは難しく、試合当日などはロキソニンプレミアムを病院で許可を貰い摂取してプレーしていた時もありました。
(お薬はあまりお勧めはできませんが・・・)

1度怪我をしてしまうと多くの場合は、今後も一生付き合う怪我、もしくは一生気になってしまう怪我になってしまいます。
怪我をしないことが1番大事にはなりますが、してしまった後のアフターケアが1番大事です。頑張ってください。

トレーナーからカイロプラクティックを紹介

大学時代になると、いろんな情報が私にも来るようになりました。

大学時代はフットサルをするようになりましたが、練習が週5回あり、疲労がどうしても蓄積していく中で、シンスプリントの痛みは次第に厳しくなっていきました。
そこで、知り合いのトレーナーからカイロプラクティックを受けてみたらと誘われました。
いざ、カイロプラクティックを行って分かったことは、体の重心のゆがみが脚に余計な負担をかけてしまっていることが分かりました。
まずは上半身から体の軸を矯正することで、トレーニングにて左右均等に負荷をかけられるようにしました。
そうすると、普段のトレーニングでの負荷は同じでも、シンスプリントの痛みは大きく減りました。

そして何よりもシンスプリントの痛みそのものを軽減して頂けるのが、すごい感動をしました。

ぜひ、シンスプリントや足の怪我でお悩みの方は、カイロプラクティックをお勧めします。

私の主なサッカーの経歴です。

仙台第三高校 サッカー部にて2011年から2013年まで高校サッカーをプレーしておりました。
首都大学東京フットサル部にて2015年からプレー。
他 クラブチームにて現在はプレー。

 

疲労を取り除くことで怪我は軽減できる

上記の写真はアジアで活躍するプロサッカー選手に頂いたユニフォームです。

当院は、サッカーのオフシーズンには、海外のプロサッカー選手がお体のメンテナンスのために来院されるほどの実績があります。

プロサッカー選手の多くは知っています。

シンスプリントやグロインペイン症候群などの症状は、怪我ではなく疲労が重なり症状として出ているだけで、防げることのできる怪我だということを・・・。

そのために怪我をしていなくても体の疲労を抜くためにオフシーズンは、毎日のように当院に来院される選手もいます。

電車で1時間掛かっても当院に来院される選手もいます。

ぜひ、今回のブログのように「シンスプリント」や「グロインペイン症候群」でお悩みの方は、ぜひ当院のカイロプラクティックを受けてくださいね。

もちろん、捻挫などの施術も行っております。

当院のホームページは下記になります。

http://sports.life-chiro.net/soccer.html

 

【腰椎椎間板ヘルニア】を克服した高校サッカー選手の体験談

ライフ・カイロプラクティックラボの森下です。

いつも多くの患者様のご来院ありがとうございます。

当院は多くのサッカー選手をはじめ多くのアスリートが関西全域から来院される実績があります。

年代によって違いますが、全国高校サッカー選手権の常連校の選手が来院され、同じ大会で何校も出場されたこともあります。

今回のブログは「腰椎椎間板ヘルニアを経験した高校サッカーの経験談」をブログに書かせて頂きます。

高校1年生の時に腰椎椎間板ヘルニア・・・

私は高校1年生の際に椎間板ヘルニアを発症してしまい、サッカー部の練習を約2か月間のあいだ練習には参加しませんでした。
寮生活も行っていて入院期間後は同じサッカー部の同級生や先輩からも顔を合わせる機会も多く、心配されてはいましたが、自分の方が気を遣っていたのが思い出されます。

入院前は歩くことさえも困難でしたが、手術後は普通に歩いたり座ったりも出来るようになり、軽い運動は徐々に出来るようになりました。

医者からは基本的には激しい運動は控えるように言われていましたが、体幹トレーニングをしてインナーマッスルを鍛えて練習復帰を目指しました。

入院中にも腰に負担が掛かりにくい腹筋を工夫したり、患部に痛みが出ない程度の軽いトレーニングを院内でのリハビリをやりながらを行い、退院後は自分でアレンジしたトレーニングを行っていました。

腰を意識しないように


サッカーは少年チームの頃から、ずっと休まずにやってきてスポーツなので、走力や反射神経には自信がありましたが、なるべく腰をかばう意識をしないで、サッカーに集中できるようになりたいと思い、サッカーのプレイには直接関係はなさそうな練習やトレーニングにも、積極的に取り組みました。

サッカー選手にとって、手術をしても椎間板ヘルニアは無茶をすると、再び再発する可能性が高い腰の病です。

そのために痛みが完全になくなるまで、就寝の際や起きるときのタイミングなども気を付けて、態勢に無理が掛からないようにケアします。
運動に入る前も準備体操はきちんとして身体を慣らしてから運動に入るようにしました。

ヘルニアの手術の退院後にサッカーの取り組みまで


退院後は毎日のリハビリからの腹筋や背筋運動を取り入れたことで、体幹が鍛えられ、以前よりも腰に対しての負荷は軽減されたと思います。

カイロプラクティックでは、少し遠くてもスポーツ障害で評判のある所を探し、最初は週に1回ほど通い、数回後は2週間に1回、今では大きな怪我をしない限り月に1回通っています。

先生は骨盤や腰の腰椎の大切さを教えて頂き、内転筋の大切さなど違う観点からトレーニングの大切さを施術中に教えて頂きました。また骨格や姿勢がダッシュや持久力にも大きく影響することを丁寧に教えて下さりました。

ヘルニアの手術の後でもカイロを進めます

カイロの先生が言われてあったのは手術は必要なかったと話していましたが、私の場合はすでに手術を終えた後だったので、自宅でも取り組めるケア方法まで教えてもらいました。

本来なら半年とか1年とか激しい練習は控えた方が良かったのかも知れませんが、1年生ということもあって約2か月で練習復帰とさせてもらいました。

サッカーに学校自体が力を入れ始めた時期で同級生にはJリーガーデビューしたチームメイトもいます。

現在では学校名も変わり全国でも屈指の強豪高校になっています。

私的には良かった点でいえば寮生活で部の仲間に腰の症状や経過具合をしっかりと把握してもらえたことと同級生にいろいろとサポートして貰えたことが良かったと思います。

なかなかプロ野球選手やJリーガー、プロスポーツ選手でもヘルニアからの復帰自体は困難な道のりですが、しっかりと自分の病状や負担や負荷を懸けない身体の使い方等を医師やカイロプラクティックの先生と相談して実践すれば無駄な時間には決してならないと思いました。

プロサッカー選手でもケガをした以降に調子をあげる選手がいます。

その理由は、日々鍛えてなかった箇所や課題をじっくりと取り組む時間が出来たと、前向きに考えるポジティブな発想が状況を打破する鍵だと思います。

そして病院だけに頼らずに、カイロプラクティックに行ったことも、今の私のプレーに活かされてと思います。

腰椎椎間板ヘルニアも予防が大切

(上記のお写真はデフサッカー日本代表の宮田選手です)

デフサッカーは聴覚障害者のサッカーのことをいいます。

サッカー選手のお尻は非常に硬く骨盤周りの可動域を狭くしていまいます。

そのために腰椎と言われる腰周りの骨と椎間板というクッションに負担が掛かり、ヘルニアや腰椎分離症という症状になる可能性が非常に高いです。

そのためにある程度は、メンテナンスとして痛みがなくても骨盤周りの施術をお勧めします。

もちろん腰椎椎間板ヘルニアの症状の緩和にも効果的になります。

今回のブログのライターのお話のように手術をしたアスリートも多く当院に来院しております。

スポーツ障害をはじめ手術の後遺症で悩んでいるアスリートは、ぜひ当院にご相談くださいね。

下記のURLが当院のサッカー障害のホームページになります。

http://sports.life-chiro.net/soccer.html

【膝の半月板損傷、靭帯損傷】からの復活!サッカーの経験談

ライフ・カイロプラクティックラボの森下です。

いつも多くの患者様のご来院ありがとうございます。

また、多くの患者様のご紹介ありがとうございます。

当院は、関西全域からスポーツ選手が来院されるカイロプラクティック院です。

特にサッカー選手の来院が多く、オフシーズンには海外のプロサッカー選手も来院しております。

詳しくは当院のホームページをご覧ください。

下記が当院のサッカー障害のページになります。

http://sports.life-chiro.net/soccer.html

本日のブログは、サッカー選手の怪我からの復活コラムになります。

鹿児島県 神村学園高等部 MF・FWの選手からです。

怪我の内容は【膝の半月板損傷、膝靭帯損傷】です。

ゴール前のプレーで膝を負傷

全国でも強豪校である「神村学園」に所属していた頃、
試合中、ゴール前での交錯によって右足膝の半月板を損傷、靭帯も損傷してしまいました。

症状が重症だったために、すぐ手術を行い、その後リハビリの日々が始まりましたが
偏ったリハビリを行ったために体の軸がゆがんでしまい、リハビリをするごとに、膝に痛みが走るようになりました。

そこで主治医の先生や監督・トレーナーと話し合い、
リハビリ中の身体のズレを防止・改善するために、
カイロプラクティック施術を並行して受けることにしました。

その後、リハビリが再開し
思った以上に足が動かないことに気が付き、悔しさと同時に、「早く復帰しなければ」と焦りはじめました。

そんな時、スポーツ障害専門のカイロプラクティックの先生の方に「焦り過ぎは再発の元ですよ。安心して任せて下さい」と声をかけていただき
コツコツと出来ることからやっていこうと心に決めました。

徐々にトレーニングを開始

利き足だった右足は、膝の筋肉や足首の筋肉など
部分的なトレーニングをメインにこなしました。
軸足となる左足は復帰後により活躍できるよう、より一層のトレーニングを重ねました。

だんだんと足が動くようになってくると、
ボールを早く蹴りたいという欲が出てきましたが、
そこをぐっとこらえて体幹やウォーキングなどのリハビリに取り組みました。

体幹に関しては、以前より足りていないと思うところがあったので、いい機会だと思い、トレーニングの仕方から勉強して、しっかりとセルフトレーニングをおこないました。

この時にもカイロプラクティックの施術と平行して行ったため、
効率よくトレーニングを行えました。

遂にボールに触れるように・・・

そしてついにボールにふれられるようになると、怪我の治りもぐんぐんと早くなっていきました。
完全復帰にはまだまだほど遠いですが、怪我をしなかったらきっとわからなかったであろう、「ボールに触れられる喜び」を噛み締めていました。
ランニングや軽いボールを用いた練習では、周りのチームメイトの協力もあり
非常に楽しい、しかも膝に負担が掛からない練習をさせてもらいました。
そして数か月が過ぎた頃、カイロプラクティックやリハビリの効果もあり
身体の軸がずれること無く、膝も良くなり復帰することができました。復帰はできたものの、怪我が完治したのは2年生の終わり頃です。まともな練習をこなせないまま迎えた、3年生最後の大会となるインターハイには出場することができませんでした。

いかにスポーツがシビアな世界であるか、ということを身にしみて学びました。

怪我からの学び・・・

結果としては、今でも非常に悔しいものとなりましたが、
私は怪我をして復帰を目指す日々の中で「諦めないこと」の大切さを学べました。

立つことすら出来なかったのに、
数か月間の苦しい期間を乗り越えた結果、サッカーが出来るようになった。
その体験は私の人生において、有益な物となりました。

いまでも、怪我をした後に初めてボールに触れた時の感動が、強く心に残っていて、
何か諦めそうになった時、私を鼓舞してくれます。

たとえ怪我で引退となったとしても、フットサルやサークルなどで、サッカー人生はまだ続きます。

ちなみに私は大学に入学し、高校の悔しさを晴らすためサッカーに打ち込んでいます。

スポーツ選手の怪我はカイロプラクティックが効果的

当院は、ヨーロッパやアジアで活躍するサッカー選手も来院しております。

また、先日はオーストリアでプレーする為に、テストを受けに行く、某大学の選手も来院されました。

最近はインターネットの普及により、海外のアスリートがカイロプラクティックを受けていることが徐々に知れ渡り、プロアスリートを目指す選手が当院にも来院されるよになりました。

上記のユニフォームは、当院に来院されているプロフットサル選手やプロサッカー選手に頂いたユニフォームです。

ユニフォームを頂けるということは、アスリートから信頼されている証です。

また、当院は、多くの実績により関西のJリーグからも広報の方が営業に来られた実績もあります。

ぜひ、サッカー選手の怪我でお悩みの方は、当院にご相談下さい。

 

 

【グロインペイン症候群・ジャンパー膝】を克服したサッカー選手の経験談

ライフ・カイロプラクティックラボの森下です。

いつも多くの患者様のご来院ありがとうございます。

また、関西全域から練習の後に当院をご利用して頂き本当にありがとうございます。

当院は、スポーツ障害に定評がありインターハイや選手権などに出場するサッカー選手や野球選手などあらゆる種目のスポーツ選手が来院しております。

本日のブログは、当院に来院して頂きました患者様にライターとして、ブログは書いて頂きました。

「ジャンパー膝」と「グロインペイン症候群」についてです。

 

練習のだましだましは症状を悪化させる

私は学生時代、サッカーの練習をし過ぎて様々な怪我をしていました。

病院で受けた診断名は「ジャンパー膝」「股関節周囲炎」でした。

痛みが出てからは、騙し騙し練習に参加していましたが、ついに痛みが自分のキャパシティを超えてしまい、練習を1ヶ月休むことを余儀なくされました。

しかしながら1ヶ月も休んでしまうと近づいて来ている大会やリーグ戦にベストな状態で迎えることが出来ないと思った私は、『病院ではなくカイロプラクティックの先生に施術をお願いしました』

また、トレーナーと相談をしてボールを蹴らないメニューから早期の練習復帰を目指しました。

硬くなった筋肉を直接施術、そしてストレッチ

そのカイロプラクティックの先生と最初に取り組んだことは「日頃のケアやコンディショニングが追いつかずに痛くなって、過度の練習と疲労で硬くなってしまった筋肉を直接施術することで柔らかくする施術」と言うことでした。

私は動く量に対してケアが追いついていなかったと言うことで、カイロプラクティックの施術を受ける以外にも、ストレッチを行うことにしました。

筋肉を柔らかくするためのストレッチであるスタティックストレッチであったり、関節の可動域を高めるために行うダイナミックストレッチを最初は取り組むようにしていきました。

徐々に痛みが軽減

筋肉や関節が大きく動くようになったことで少しずつ痛みが減ってきたような感じがしました。ストレッチに付随し、そのようなスポーツ特有の痛みを起こさないためにも必要なインナーマッスルを鍛える体幹トレーニングも行いました。

すると体幹トレーニングがとてもきつく感じ、「今まで自分は体幹をつけずにサッカー行ってきたのだな。」と思えました。

痛みが全くない時ほどサッカーの練習が出来ませんので、この頃は一生懸命にストレッチと体幹トレーニングを行いました。

またいきなりダッシュや全力疾走の練習もメニューに取り入れたかったですが、カイロプラクティックの先生やトレーナーからは止められていたので、身体慣らしとしてパスやジョギングなどの低負荷のトレーニングを次のステップとして行いました。

焦りは怪我の回復を遅くする

このような軽めのトレーニングを行いながらもダッシュを試してみましたが、やはりまだ痛みを伴ってしまいできそうにありませんでしたので、よりストレッチを頑張ろうと心に決めストレッチを取り組みました。

練習時間少し短めに設定し、他のメンバーや部員と比較しても半分ぐらいの時間で行うようにし、その分休みを入れずに集中してトレーニングを行うようにしていました。
そのような頑張りが実り、約2週間ほどでほとんどの痛みはなくなり、大会やリーグ戦などに無事復帰することができました。

私が行ってきたことは、サッカー以外にも関係する基礎的なことを、怪我の時には取り入れました。また病院ではなく、カイロプラクティックへと出向き、良い先生に巡り会えたことが本当に良かったと思っています。

疲労が怪我の元

(当院は、海外のプロサッカー選手が来院しておりユニホームを頂くほどの信頼関係があります)

当院がサッカー障害で有名になったきっかっけが、グロインペイン症候群です。

当時は、たまたまJリーグの下部組織の患者様が、グロインペイン症候群で来院され症状が緩和したことで、一気に広がり日本代表U-15選手も来院されるまでの実績になりました。

また、口コミで海外に所属しているプロサッカー選手がオフシーズンに来院されるなどの徐々に多くの実績を積み上げています。

グロインペイン症候群やジャンパー膝は、過度のオーバーワークからの症状の場合が非常に多く施術に関しても痛みの緩和と筋肉を緩める方法など多岐に渡る施術が必要になります。

そのために全て手で行う必要があります。

私の臨床経験では、機械や電気を使って施術をしてもサッカー選手の症状の緩和は非常に困難になります。

細かく細かく筋肉や関節を触診をする必要があります。

当院のサッカー障害のホームページは下記になります。

http://sports.life-chiro.net/soccer.html

 

サッカー障害やスポーツの怪我でお困りの方は、ぜひ当院にお越しください。