【腰椎椎間板ヘルニア】を克服した高校サッカー選手の体験談

ライフ・カイロプラクティックラボの森下です。

いつも多くの患者様のご来院ありがとうございます。

当院は多くのサッカー選手をはじめ多くのアスリートが関西全域から来院される実績があります。

年代によって違いますが、全国高校サッカー選手権の常連校の選手が来院され、同じ大会で何校も出場されたこともあります。

今回のブログは「腰椎椎間板ヘルニアを経験した高校サッカーの経験談」をブログに書かせて頂きます。

高校1年生の時に腰椎椎間板ヘルニア・・・

私は高校1年生の際に椎間板ヘルニアを発症してしまい、サッカー部の練習を約2か月間のあいだ練習には参加しませんでした。
寮生活も行っていて入院期間後は同じサッカー部の同級生や先輩からも顔を合わせる機会も多く、心配されてはいましたが、自分の方が気を遣っていたのが思い出されます。

入院前は歩くことさえも困難でしたが、手術後は普通に歩いたり座ったりも出来るようになり、軽い運動は徐々に出来るようになりました。

医者からは基本的には激しい運動は控えるように言われていましたが、体幹トレーニングをしてインナーマッスルを鍛えて練習復帰を目指しました。

入院中にも腰に負担が掛かりにくい腹筋を工夫したり、患部に痛みが出ない程度の軽いトレーニングを院内でのリハビリをやりながらを行い、退院後は自分でアレンジしたトレーニングを行っていました。

腰を意識しないように


サッカーは少年チームの頃から、ずっと休まずにやってきてスポーツなので、走力や反射神経には自信がありましたが、なるべく腰をかばう意識をしないで、サッカーに集中できるようになりたいと思い、サッカーのプレイには直接関係はなさそうな練習やトレーニングにも、積極的に取り組みました。

サッカー選手にとって、手術をしても椎間板ヘルニアは無茶をすると、再び再発する可能性が高い腰の病です。

そのために痛みが完全になくなるまで、就寝の際や起きるときのタイミングなども気を付けて、態勢に無理が掛からないようにケアします。
運動に入る前も準備体操はきちんとして身体を慣らしてから運動に入るようにしました。

ヘルニアの手術の退院後にサッカーの取り組みまで


退院後は毎日のリハビリからの腹筋や背筋運動を取り入れたことで、体幹が鍛えられ、以前よりも腰に対しての負荷は軽減されたと思います。

カイロプラクティックでは、少し遠くてもスポーツ障害で評判のある所を探し、最初は週に1回ほど通い、数回後は2週間に1回、今では大きな怪我をしない限り月に1回通っています。

先生は骨盤や腰の腰椎の大切さを教えて頂き、内転筋の大切さなど違う観点からトレーニングの大切さを施術中に教えて頂きました。また骨格や姿勢がダッシュや持久力にも大きく影響することを丁寧に教えて下さりました。

ヘルニアの手術の後でもカイロを進めます

カイロの先生が言われてあったのは手術は必要なかったと話していましたが、私の場合はすでに手術を終えた後だったので、自宅でも取り組めるケア方法まで教えてもらいました。

本来なら半年とか1年とか激しい練習は控えた方が良かったのかも知れませんが、1年生ということもあって約2か月で練習復帰とさせてもらいました。

サッカーに学校自体が力を入れ始めた時期で同級生にはJリーガーデビューしたチームメイトもいます。

現在では学校名も変わり全国でも屈指の強豪高校になっています。

私的には良かった点でいえば寮生活で部の仲間に腰の症状や経過具合をしっかりと把握してもらえたことと同級生にいろいろとサポートして貰えたことが良かったと思います。

なかなかプロ野球選手やJリーガー、プロスポーツ選手でもヘルニアからの復帰自体は困難な道のりですが、しっかりと自分の病状や負担や負荷を懸けない身体の使い方等を医師やカイロプラクティックの先生と相談して実践すれば無駄な時間には決してならないと思いました。

プロサッカー選手でもケガをした以降に調子をあげる選手がいます。

その理由は、日々鍛えてなかった箇所や課題をじっくりと取り組む時間が出来たと、前向きに考えるポジティブな発想が状況を打破する鍵だと思います。

そして病院だけに頼らずに、カイロプラクティックに行ったことも、今の私のプレーに活かされてと思います。

腰椎椎間板ヘルニアも予防が大切

(上記のお写真はデフサッカー日本代表の宮田選手です)

デフサッカーは聴覚障害者のサッカーのことをいいます。

サッカー選手のお尻は非常に硬く骨盤周りの可動域を狭くしていまいます。

そのために腰椎と言われる腰周りの骨と椎間板というクッションに負担が掛かり、ヘルニアや腰椎分離症という症状になる可能性が非常に高いです。

そのためにある程度は、メンテナンスとして痛みがなくても骨盤周りの施術をお勧めします。

もちろん腰椎椎間板ヘルニアの症状の緩和にも効果的になります。

今回のブログのライターのお話のように手術をしたアスリートも多く当院に来院しております。

スポーツ障害をはじめ手術の後遺症で悩んでいるアスリートは、ぜひ当院にご相談くださいね。

下記のURLが当院のサッカー障害のホームページになります。

http://sports.life-chiro.net/soccer.html

★おすすめ関連記事はこちら★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です