【サッカー選手の骨折】その後のリハビリまでの道のり

ライフ・カイロプラクティックラボの森下です。

いつも多くの患者様のご来院本当にありがとうございます。

毎日のようにスポーツ選手の怪我で多くの患者様が来院しております。

本日のブログは「試合中に相手選手に蹴られ骨折をした選手」の経験談のブログです。

ぜひ、怪我で悩んでいるスポーツ選手にいい情報と慣れればと思っております。

試合中に足を蹴られ骨折

高校一年生の夏、試合中に相手選手に蹴られ骨折してしまいました。

骨折をしてから病院に通院するために、しばらくの間は部活を休んでいたのですが、チームメイトに声を掛けて頂いたので部活に復活しました。

しばらくの間は、見学や簡単な手伝いだけでした。

それからしばらくして怪我の具合が良くなってくると、一人でボールを触っていました。

長い間ほとんど身体を動かしてなかったので身体が鈍っていると思い、トレーナーと相談して筋トレをはじめました。

出来ることから別メニューで開始

最初は腹筋など脚を使わずに出来ることから始めて、次第に腕立て伏せなど自分を支える動きがあるメニューを追加して行きました。

慣れてくると回数を増やして行き、骨折の影響で動いてなかった間に付いてしまった脂肪を着実に燃焼させていきました。

筋トレに慣れてくると体幹トレーニングを混ぜるようになりました。それからは少しずつ足に負担が掛からない程度に軽いランニングを混ぜていき、少しずつ走る量を混ぜて行きました。

また、練習の前後には以前は行っていなかったストレッチを、この怪我をきっかけに念入りにするようになりました。

やっとボールが触れる

やっとボールがさわれるようになるとパスやドリブルから始めて、数日経ち慣れてきた頃にシュートやチームでのミニゲームをこなして行くようにしました。

また、練習以外のことに関して言いますと、もともと普段から整骨院に通っていたのですが、この際に【カイロプラクティック院】に行ってみることに決めました。

動けるようになったと言いましてもなんとも言えない違和感がまだ残っていました。しかし、カイロプラクティック院を受診し始めて、違和感が次第になくなっていき、さらには体の調子までよくなりました。

怪我の影響で少し身体のバランスが悪くなってしまっていたのですが、それも元どおりになりました。

苦しかった怪我・・・

実際、怪我をした時は相手選手のことがとても憎かったですし、部活もサッカーもやめようと思っていました。しかし、家に帰っても考えることはサッカーのことで、次第に今サッカーを辞めたら後悔すると思い始めました。

しかし、長い間ボールにさわれないとわかっていたのでチームメイトとは大きく差がつくと思いました。しかし、差なんて自分が頑張ればすぐに埋まるものだし、逆にみんなにハンデをあげているんだというようにポジティブに考えるようにしていました。

いざ、ミニゲームや紅白戦に参加してみるとそんなに鈍ってはおらず、徐々に試合勘やサッカーの考え方が自分の中に戻っているような感じでした。

また、僕はサッカーが出来る嬉しさと、チームメイトに負けないという気落ちが強かったので休みの日もボールを蹴って一人練習をしていました。

怪我をして気付いたことは、直後はネガティブになることがあっても、ポジティブに考えることで気持ちが楽になったり、イメージトレーニングなどで、やる気が出てきたりしました。

怪我をしても諦めたり、サッカーを辞めたりするのではなく、逆に大きく前進するチャンスだと思ってください。怪我をしたからって楽しくサッカーができなくなる訳ではありません。怪我をして、悩んだり苦しんだりしても自分と向き合い前に進むことが大切です。

山口県 山口高校サッカー部出身 ポジションDF

今回の怪我からの復帰の体験談は、

山口県 元山口高校サッカー部出身 ポジションDFの方の体験談になります。

少しでも皆様の参考に慣れればと幸いです。

骨折の後遺症もカイロプラクティック

当院は海外のプロサッカー選手がオフシーズンに利用して、当院に来院される実績があります。

サッカー選手の骨折で来院される方は、非常に多くいますが、残念ながらカイロプラクティックでは、骨折は改善することができません。

しかし、骨が治り、その後の後遺症や違和感を感じて当院に来院される患者様が多くいます。

骨折は骨がくっつくと終わりではありません。

その後の後遺症や違和感を取り除かないとプレーやその後の後遺症に苦しむ場合もあります。

ぜひ、サッカー選手の怪我をはじめ、怪我の後遺症でお悩みの方は、当院にお越しください。

当院のサッカー選手のスポーツ障害のページは下記になります。

http://sports.life-chiro.net/soccer.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です