鎖骨を脱臼したサッカー選手の復活経験談

当院は日本全域からサッカー選手が来院されます。骨折や脱臼の後などの後遺症などから

グロインペイン症候群などの股関節周りなど多くの患者様が来院されます。

 

また多くの患者様にご自身のサッカープレイヤー時代の怪我を乗り越えた経験談などを頂いており、多くのサッカー選手のためにブログにも掲載をさせて頂いております。

是非、ご覧ください。

 

 

私は中学時代に、左鎖骨を脱臼したので実践のゲームに参加する事が出来なくなりました。

軽く走っても激痛が襲ってくるので、激しく動く事は避けリフティングやボールコントロール、腹筋などを中心に練習をこなしていきました。

その時、私自身はフィジカルが弱く、筋肉の量が少なかったので、もっと鍛えたいと思っていました。

【目標】を見失わなければ怪我してもモチベーションを失う事はありませんのでゆっくりと今できることをこなしていく事が大事です。

 

怪我している部分はいたわって、そうでない部分は出来る限りの負荷をかけましょう。

怪我が完治したら今度は怪我をした部分を動かして鍛えましょう。

筋力以外にも出来る事は沢山あるので自分を見つめ直し鍛えましょう。

 

私がケガしたときは、痛みはありましたがボールを触れることが出来ましたが、痛みが強い場合は身体を休めて本やネットでスポーツに対しての考え方とか対策とか座学として勉強するのもありですね。

その時出来る事でベストを尽くすのが最善ですので、その怪我は自分が招いた不幸な事と思う必要は無くその時必要だった事だと思えばいいのです。

ピンチはチャンスに代わるのでフィジカルじゃなくメンタル的にも成長出来るいい機会にもなるので前向きに取り組んでいくときっとプラスになると思いますよ

 

 

埼玉県 大利根中学サッカー部出身 左サイドバッグ

 

当院のサッカー選手からの実績は高く、先日も左手を骨折したサッカー選手が、後遺症で来院されました。

骨折の後は、筋膜や筋肉の組織が乱れておりサッカー選手のパフォーマンスの低下を招きます。

また当院は「こころのケア」というメニューもあり多くのサッカー選手のメンタルケアもしております。

 

サッカー障害でお困りの方は、ぜひ当院にお越しください。

 

また、当院は食育を大切にいます。

私が書かせて頂きました「食育がアスリートを育てる」を読まれて食事の大切さを知り、

食事を改善した結果、怪我をしなくなった選手もいます。

ぜひ、この機会に読んで下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です