スポーツ障害

テニス肘 症状

ライフ・カイロプラクティックラボの森下です。

昨日は台風の中、多くの患者様のご来院ありがとうござました。

今日はかなり涼しいですね。
お風邪を引かれていませんか?


夏休みもいよいよ終わりですね。

この夏休みも多くの種目のスポーツ選手が来院されました。

川西市には山下駅の方にテニススクールが出来たみたいですね。

当院はテニススクールでプロを目指しているテニスプレイヤーから
健康のためテニスをされている方、部活動でテニスをされている方など
色んな目的のテニスプレイヤーが多く来院されます。

でも、テニスは意外と怪我の多いスポーツです。

特に【テニス肘】は非常に多いです。

昔、スポーツ障害のテニスの授業で習いました。
はっきりした数字は忘れてしまいましたが・・・。

時速50kmのサーブに対応する為に、肘に掛かる負担は・・・
およそ23キロの衝撃が肘に掛かります。
(数字はうる覚えで申し訳ございません)

肘の筋肉の強化は、なかなか出来ません。

鍛えては、カイロプラクティックの手技で疲労や痛みの緩和を続け、
強い筋肉を作ることをお勧めします。


テニス肘は非常にテニスプレイヤーが苦しむ症状です。
多くの臨床経験のある当院にお任せ下さい。


肩こり・腰痛でももちろん対応させて頂きます。

では、本日も1日

「ただ、目の前の笑顔のためにー」

頑張ります!!

★おすすめ関連記事はこちら★

-スポーツ障害

© 2020 スポーツ障害を得意とするカイロプラクターの独り言 Powered by AFFINGER5