スポーツ障害

体操 内村航平選手 ぎっくり腰

ライフ・カイロプラクティックラボの森下です。

オリンピックで数々の感動を頂き、
毎日がやる気満々でお仕事をさせて頂いております。

体操の内村選手が”ぎっくり腰”で演技をされたみたいですね。

当院も多くのスポーツ選手が来院されます。

体操をされている方も年に数人来院されます。


体操選手などのスポーツ選手は、【非常に腰を痛めやすい】です。

その理由として・・・。

殿筋(お尻)周りの筋肉が非常に発達しており、腰まわりの関節(腰椎)の動きを
制限しております。

動きの悪い腰周りの関節を無理やり動かすとぎっくり腰になる可能性が非常に高くなります。

そして一番怖いのが、関節の可動域が制限されると、【腰椎ヘルニア・腰椎分離症】などの症状になります。

腰椎ヘルニア・腰椎分離症などの症状が発症すると、”症状の緩和まで多くの時間が掛かります。”

その為に、日頃のメンテナンスが非常に重要になります。

オリンピック選手の場合は試合当日までギリギリ身体を鍛え抜いています。
怪我とはいつも隣合わせです。


肩こり・腰痛やスポーツ障害でお困りの方、ぜひ当院にお越し下さいね。


では、本日も1日

「ただ、目の前の笑顔のためにー」

頑張ります!

★おすすめ関連記事はこちら★

-スポーツ障害

© 2021 スポーツ障害を得意とするカイロプラクターの独り言 Powered by AFFINGER5