クラシックバレエ 捻挫

ライフ・カイロプラクティックラボの森下です。

7月に入りクラシックバレエのダンサーの来院が増えてきました。

発表会前で追い込みの時期とのことです。

当院はスポーツ障害で近畿の色んな地域の方が来院されます。

もちろん肩こりや腰痛などの様々な症状でも阪神地域の方々から来院されます。

ダンサーの場合の捻挫に関しては使い過ぎによる捻挫が多くなります。

本来は捻挫という言い方はふさわしくありませんが、足関節の使い過ぎにより筋線維が乱れ炎症を起こすことになり、腫れてきます。

この場合の手技が重要な選択肢になります。筋線維が乱れているのに電気やテーピングをしても全く意味がありません。

乱れた筋線維を修復させ、腫れを取らないと痛みは引きません。

また筋線維が乱れていると必ず伸展障害でパフォーマンが低下してしまいます。

カイロプラクティックはこれらの全ての症状を緩和することができます。

是非、一度カイロプラクティックで身体のケアをされてみて。